© 2017 Proudly created by Amoru animal hospital.

Tel: 0565-53-4151 | Fax: 0565-53-4202

amoru.animal.hospital@gmail.com

〒473-0914  愛知県豊田市若林東町棚田153-1

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon

ウサギを飼いはじめたのは、世界では紀元前、ローマ人が最初だと言われています。さて、獣医仲間の定説では、日本最古の獣医師は、一般に言う大国主命(おおくにぬしのみこと)で、「古事記」に語られています。すなわち、ワニ(サメのこと)をだまして隠岐島から渡ったウサギが、怒ったワニに皮をはぎとられ苦しんでいたのを、大国主神が救ったということです。 

【耳】

大きな耳・小さい音を聴き取る集音器の働きや、体温を放散する機能も担っています。

【歯】

合計28本・切歯、臼歯ともに生涯伸び続けます。中でも下の切歯は伸びる速度がもっとも速く、1年間に10~12cm伸びます。

【便】

盲腸便で栄養補給・硬くてコロコロと丸い便と「盲腸便」と呼ばれる柔らかくまとまった便の2種つされます。これは病的な軟便と異なり無臭で、うさぎは肛門に口をつけて、直接食べます。

【尿】

さまざまな色・正常時には混濁しており、これは主として炭酸カルシウムが原因です。

【環境】

快適な生活・洗いやすく、換気の良いゲージを使用します。可能であれば、20℃±5℃の室内で飼育します。30℃以上の高温や多湿な環境には耐えられません。隠れる場所も作ってあげると安心できます。
  
【食】

ドライフードと牧草

【うさぎのプロフィール】
【小動物】

うさぎ、リス、フェレットなどいろいろな小動物を紹介していきます。
飼う時の参考にしてくださいね。

【リスのプロフィール】

リスは、昼間活動して夜眠る昼行性です。大きなしっぽは、身体をくるんんで毛布のかわりにもなりますし、バランスをとったり、仲間へのサインになったりもします。左右の頬袋にエサをためます。野生的な素早い動きが特徴です。

【歯】

22本。切歯の上下2本ずつの歯は、一生伸び続けます。                 

【不正咬合】

切歯がかみ合わずに伸び続けると、口内炎や食欲不振になります。よだれが多くなります。

【自ぎゃく性皮炎】

尾や足や背中が気になり、自分でかじったりして皮膚炎を起こしてしまいます。ストレスがあると、傷がなくてもかむことがあります。

【熱中症(日射病)】

暑さに弱いので、夏は要注意。呼吸が荒くなり、ぐったりして、命にかかわります。

【下痢】

細菌、ウィルス、寄生虫、カビ、腐ったエサや水、によっておきます。尾が汚れてぬれているので「ウエットテイル」とも呼ばれます。

【よくある事故】

コードをかじって口にやけど。・エサを入れすぎて頬袋から出せなくなる。・ケージに足をはさんだり、高い所から落下して骨折。

【注意点】

尾は絶対につかまないでね。ズルッと皮がむけます。捕まえる時は、タオルで被うように体全体を包みこみましょう。なでたり抱かれたするのは、あまり好きではありません。手ですくうようにして手の平にのせてあげましょう。

フェレットは、近年人気が出てきたイタチ科の動物で、野生動物ではありません。夜行性で、鳴いたりほえたりしないので、サイレントアニマルとして、集合住宅でも買いやすいことが人気の理由のようです。ヨーロッパでは、2000~3000年前に家畜化されて、ウサギ猟、ヘビ退治やネズミ退治につかわれてきた、小さな働き者です。狩りが得意なので、小動物(ハムスター・ウサギ・トリ)本能的に襲うこともありますので、別の場所で飼う方が安心です。
       
【歯】

36本。とがっていますので、かまれないように!

【食事】

肉食。動物性高タンパク質のものを。年2回、春と秋に毛が抜け替わります。

【体重】

季節によって30~40%変化します。秋から冬にかけて、皮下脂肪をたくわえます。

【習性】

トンネルのもぐることが大好き。この習性を利用してビルの配線や、配管を通すのに使われたそうです。隙間にすぐ入り込むので、タンスやベットの下、ベランダの隙間をふさいでおかないと、捕まらなくなってしまいます。遊んでいる時にエサをあげると、それを隠すくせがありますので、注意しましょう。

【性格】

明るくて、好奇心旺盛。エネルギッシュ。じっとしてるのが嫌いです。

『主な病気』
●犬の病気である「ジステンバー」「フィラリア」「狂犬病」にかかるので予防接種をしましょう。 
●人のインフルエンザにかかりますので、気をつけましょう。
●尿石症ーメスは膀胱炎程度で発見できますが、オスは尿道がつまることもありますので、
食事選びで予防。
●ホルモンの病気ーメスは、発情ホルモンがでて止まらなくなると、
血小板が少なくなって出血死することが知られています。

【フェレットのプロフィール】